製作風景-【棕櫚箒】皮荒神箒3玉/黒竹柄

製作風景-【棕櫚箒】皮荒神箒3玉/黒竹柄

短い黒竹柄を付けた【棕櫚箒】皮荒神箒3玉の製作。卓上用等の手元の掃除に使いやすいサイズの棕櫚小箒です。

製作風景-【棕櫚箒】皮荒神箒3玉/黒竹柄

製作風景-【棕櫚箒】皮荒神箒3玉/黒竹柄

荒神箒・小箒の製法は、大きなサイズの長柄箒や片手箒と基本的には同じですが、原料の棕櫚皮が異なります。皮荒神箒の原料は棕櫚皮のうち、当地域の職人の間で「スエマクリ(末マクリ)」とよんでいる皮で、幅・長さが短く肉厚で、繊維のキメが細かく色艶が美しい部位を厳選しています。画像1枚目が原料の棕櫚皮スエマクリです。
それを複数枚重ねてパーツとなる玉(束)を作り、 コウガイ(太い竹串) に通し箒の形に組み立てます(「箒を合わせる」工程)。

製作風景-【棕櫚箒】皮荒神箒3玉/黒竹柄

製作風景-【棕櫚箒】皮荒神箒3玉/黒竹柄

余分な棕櫚皮を包丁で切断。左右に余っているコウガイも鋏で切り落とします。

製作風景-【棕櫚箒】皮荒神箒3玉/黒竹柄

製作風景-【棕櫚箒】皮荒神箒3玉/黒竹柄

向かって右が穂先をほぐす前、左が穂先をほぐす仕上げ工程をした後です(まだ乾燥途中で少し濡れています)。仕上げ工程では穂先を濡らし、鉄製の熊手を使い、私の製法では、棕櫚皮の玉(束)の半分くらいまでほぐしています。柔らかな掃き心地に仕上がっています。