棕櫚箒-本鬼毛の選別

棕櫚箒-本鬼毛の選別

本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を、毛ごしらえした棕櫚繊維(タイシ)の中から手で1本ずつ選別し分類する工程。ある程度の量が揃ったら、玉(束)に縛ります。

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

ヒノキ柄の【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒作り。バラバラに製作してきた玉(束)を棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程と、そのために必要なコウガイ(孟宗竹で作った太い竹串)作り。 「合わせる」工程はまず、ヒノキ柄を付けた中…

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒の玉作り

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒の玉作り

【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の玉(束)作り。 画像は、本鬼毛9玉長柄箒を構成する9つの玉のうち「小玉(しょうだま)」とよばれている、3玉一対の計6個の玉に「足巻き(あしまき)」をしているところです。 9玉長柄箒の玉は、左右…

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を、毛ごしらえした棕櫚繊維の中から手で1本ずつ選別し分類する工程と、本鬼毛9玉長柄箒の玉(束)作り。 本鬼毛箒作りでは多くの時間を原料の選別工程(本鬼毛の選別)に費やします…

棕櫚箒-本鬼毛7玉手箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛7玉手箒を合わせる

本鬼毛7玉手箒(片手箒)の玉(束)作りと「箒を合わせる」工程。バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉を棕櫚片手箒の形に組み立てます。持ち手はヒノキ、意匠は銅線と蝋引き麻糸(リネン色)の組み合わせです。

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

毛ごしらえをして乾かしておいた「選別していない棕櫚繊維(=タイシ)」束の中から、本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を1本ずつ選別し分類する工程。本鬼毛がある程度の量たまったら、本鬼毛7玉手箒のパーツとなる玉…

棕櫚箒-棒束子[キリワラ]足袋洗い製作

棕櫚箒-棒束子[キリワラ]足袋洗い製作

昔から「足袋洗い(たびあらい)」とよばれている棕櫚棒束子(キリワラ=切藁)の製作。名前の通り、元々は着物に欠かせない足袋(たび)を洗うための棕櫚タワシです。丈夫な木綿の布・襟袖洗いにも使われてきました。 私は本鬼毛・タチ…

帰路

帰路

関東出張が無事終わりました。8月から咳が続いていたので体調不安もありましたが、和歌山に帰る頃には治まってきてほっとしました。 今回は和歌山県主催のイベントで人前でお話したり、出張修理したりと、はじめての貴重な経験をさせて…

棕櫚箒-鬼毛箒の修理・修繕

棕櫚箒-鬼毛箒の修理・修繕

2013年5月に製作しお届けした鬼毛箒の「柄付け(えづけ)の意匠」部分の修理と、穂先の棕櫚繊維のメンテナンスをしました。 修理前後の写真を撮影し忘れて、修理終盤に撮影したこの写真しかありません。 お届け後、毎日ご愛用との…