棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと原料選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと原料選別

【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の製作。棕櫚繊維束の中から本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を手でを1本ずつ抜き出し、分類しながら揃える選別工程をしつつ、画像1枚目、そうして抜き集めた本鬼毛をさらに厳選し揃え重ね…

棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

作業台に山積みにしていた棕櫚皮を片付け、先日毛ごしらえをし自然乾燥させた棕櫚繊維(タイシ)を用意。本鬼毛箒(棕櫚繊維の中でも特別太く硬い本物の鬼毛だけを1本ずつ選り集めて作る棕櫚箒)の原料になる本鬼毛・タチケを、棕櫚繊維…

棕櫚箒-棕櫚皮5玉手箒作り

棕櫚箒-棕櫚皮5玉手箒作り

引き続き【棕櫚箒】棕櫚皮5玉手箒・上(じょう)作り。意匠は銅線巻、持ち手は黒竹。複数回選別し吟味した上質な棕櫚皮のよいところだけを切り揃え複数枚重ね束ねて箒を作ります。 バラバラにこしらえた複数の棕櫚束を棕櫚箒の形に組み…

棕櫚箒-棕櫚皮5玉手箒作り

棕櫚箒-棕櫚皮5玉手箒作り

昼過ぎまで、昨日と同様に別室で鬼毛の毛ごしらえ。その後、工房で【棕櫚箒】棕櫚皮5玉手箒・上(じょう)作り。 選別済みの棕櫚皮1枚1枚を再度チェック・吟味しながら、よいところだけを切り揃え複数枚重ね束ねて玉(束)をこしらえ…

棕櫚箒-鬼毛の毛ごしらえ

棕櫚箒-鬼毛の毛ごしらえ

本鬼毛箒と鬼毛(タイシ)箒用の原料棕櫚繊維(タイシ)の下準備「毛ごしらえ」。入荷したままの棕櫚繊維は、梱包時の縛り癖が付き棕櫚粉など汚れも不着しているため、そのままでは棕櫚箒作りに使えません。水に浸け汚れを落とすとともに…

棕櫚箒-皮5玉手箒特選作り

棕櫚箒-皮5玉手箒特選作り

【棕櫚箒】棕櫚皮5玉手箒・特選作り。意匠は麻糸巻き(リネン色)、持ち手は黒竹。品質「特選」の皮箒の原料には、特別に厳選した棕櫚皮だけを使用しています。数十から数百枚の上質な棕櫚皮の中にわずかにある、肉厚があり丈夫で、棕櫚…

棕櫚箒-皮5玉手箒の穂先を捌く

棕櫚箒-皮5玉手箒の穂先を捌く

引き続き【棕櫚箒】棕櫚皮5玉手箒・上(じょう)作り。昨日、完成品の皮手箒の形に合わせた箒の穂先(床に当たる部分)を濡らしてほぐし、切り揃え、自然乾燥させる仕上げ工程。棕櫚皮箒の穂先をほぐし繊維状にすることを「捌く(さばく…

棕櫚箒-棕櫚皮5玉手箒作り

棕櫚箒-棕櫚皮5玉手箒作り

【棕櫚箒】棕櫚皮5玉手箒・上(じょう)作り。あらかじめ選別した棕櫚皮のよいところだけを切り揃え複数枚重ね束ねて玉(束)をこしらえ、持ち手の黒竹を合わせ、棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。画像1枚目は意匠・銅線巻…

棕櫚箒-コウガイ削り

棕櫚箒-コウガイ削り

棕櫚箒作りに必要なコウガイ(太い竹串)が足りなくなってきたので、こしらえました。コウガイは数年前に山から切り出し自然乾燥させておいた孟宗竹を割って作ります。鋸で切った孟宗竹を画像のように鉈(なた)で割り、小刀で削り、火で…

棕櫚箒-皮荒神箒3玉黒竹柄を作る

棕櫚箒-皮荒神箒3玉黒竹柄を作る

短い黒竹柄を付けた【棕櫚箒】皮荒神箒3玉の製作。卓上用等の手元の掃除に使いやすいサイズの棕櫚皮製の小箒です。原料の棕櫚皮の違いや製作工程など詳しくは過去記事(2019.1.28)をご参照ください。

棕櫚箒-棕櫚皮7玉長柄箒作り

棕櫚箒-棕櫚皮7玉長柄箒作り

【棕櫚箒】棕櫚皮7玉長柄箒・特選作り。意匠は銅線巻。厳選した棕櫚皮を束ねパーツとなる玉(束)を作り、それらを箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 箒を合わせ終わったら、続けて仕上げ工程。画像2枚目は箒を濡らし、棕櫚皮…