棕櫚箒-鬼毛箒の修理

棕櫚箒-鬼毛箒の修理

長らくおあずかりしていた鬼毛箒(他社製)の修理に取り掛かります。 他社製といっても、私の師匠の桑添勇雄さんが10年以上前に製作し京都の老舗箒店に納めた箒です。 私が弟子入りするよりずっと前に製作された箒で、師匠の話に出て…

棕櫚箒-本鬼毛の選別

棕櫚箒-本鬼毛の選別

毛ごしらえをして乾かしておいた「選別していない棕櫚繊維(=タイシ)」束の中から、本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を1本ずつ選別し分類する工程。本鬼毛箒を作るための準備です。

棕櫚箒-棕櫚繊維の毛ごしらえ

棕櫚箒-棕櫚繊維の毛ごしらえ

朝から天気が良かったので先日に続けて急遽、棕櫚繊維(タイシ)の下準備「毛ごしらえ」をしました。画像は自然乾燥させた棕櫚繊維を取り込んでいるところです。この時期の晴れ間に製作予定を変更して毛ごしらえをするのは、本格的な冬が…

棕櫚箒-棕櫚皮長柄箒を合わせる

棕櫚箒-棕櫚皮長柄箒を合わせる

引き続き【棕櫚箒】棕櫚皮7玉長柄箒作り。パーツとなる棕櫚皮の玉(束)を棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。順番に玉を通し固定していきます。 先日あらかじめ「耳玉(みみだま)=長柄箒の左右両端の一番太く厚みのある玉…

棕櫚箒-棕櫚繊維の毛ごしらえ

棕櫚箒-棕櫚繊維の毛ごしらえ

朝から天気が良く暖かかったので、予定変更して棕櫚繊維(タイシ)の下準備「毛ごしらえ」をしました。棕櫚繊維(タイシ)は鬼毛箒(タイシ箒)の原料になる未選別の棕櫚繊維です。また、棕櫚繊維(タイシ)の中から本物の鬼毛(本鬼毛・…

棕櫚箒-棕櫚皮長柄箒の玉作り

棕櫚箒-棕櫚皮長柄箒の玉作り

【棕櫚箒】棕櫚皮7玉長柄箒の玉作り。画像1枚目は「耳玉(みみだま)」とよばれる玉(束)をこしらえているところです。耳玉は、長柄箒の左右両端の一番太く厚みのある玉のことです。 耳玉を厚く作るのは、長柄箒の両端の玉が、長年掃…

棕櫚箒-棕櫚皮長柄箒を合わせる

棕櫚箒-棕櫚皮長柄箒を合わせる

昨日は棕櫚皮の選別・整理をしました。今日は引き続き【棕櫚箒】棕櫚皮9玉長柄箒作り。パーツとなる棕櫚皮の玉(束)を棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程です。長柄箒の中心・持ち手となるヒノキの丸棒に棕櫚皮を厚く巻き締め…

棕櫚箒-棕櫚皮長柄箒作り

棕櫚箒-棕櫚皮長柄箒作り

【棕櫚箒】棕櫚皮9玉長柄箒の玉作り。白い線のように写っているのは「引き紐」です。引き紐で仮締めしながら銅線を硬く巻いていきます。棕櫚を出来るだけ硬く縛るための伝統的な製法です。 引き紐の材質は、師匠が若い頃は麻紐やトワイ…

棕櫚箒-棕櫚皮箒の自然乾燥

棕櫚箒-棕櫚皮箒の自然乾燥

【棕櫚箒】皮9玉長柄箒と皮5玉手箒を天日干しと室内干しで自然乾燥。箒を逆さに立てた状態で芯までほぼ乾燥させたら、今度は吊るして乾かします。 棕櫚箒は自然素材なので紫外線には弱く、長期間さらされると劣化が進み変色や切れ毛の…

棕櫚箒-棕櫚皮箒作りとしゅろの歌9

棕櫚箒-棕櫚皮箒作りとしゅろの歌9

【棕櫚箒】棕櫚皮9玉長柄箒の穂先を鉄製の熊手で捌き(さばき)磨く工程と、皮5玉手箒・特選の玉(束)作り。画像2枚目は熊手をかけ終えた後、本鬼毛製の仕上ブラシで磨いて繊維屑や棕櫚粉を取り除くと共に、毛流れを真っ直ぐ整えてい…