棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

引き続き本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)の選別と、【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の玉(束)作り。 あらかじめ1本ずつ手で選別した本鬼毛・タチケをさらに吟味・厳選し、幾層かに重ね、芯に少量の棕櫚繊維と藁を入れ銅…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

引き続き【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)7玉長柄箒を完成品の棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 バラバラに製作してきた玉(束)を一対ずつコウガイ(孟宗竹から削り出した太い竹串)に叩き通します。この時、各玉の足巻き(あし…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。 鬼毛箒(タイシ箒)の製法は本鬼毛箒の場合と異なり、棕櫚繊維1本からの選別はしませんが、私の場合は「棕櫚皮をほぐしたままの未選別の棕櫚繊維(=タイシ)」を成り…

西日本の豪雨

西日本の豪雨

このたびの西日本を中心とした豪雨により被災された方、関係者の方々に心よりお見舞い申し上げます。ふるさと広島、西日本の広範囲に渡る大変な状況、案じています。安全とご健康、一日も早い復興をお祈りしています。 こちら和歌山県紀…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

引き続き【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒を「合わせる(=箒の形に組み立てる)」工程。 持ち手の柄(え)と棕櫚の境界部分「柄付け(えづけ)の意匠」をこしらえているところです。柄付けの意匠は、美しい棕櫚皮と蝋引き麻糸と銅線…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

続けてもう1本【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒を「合わせる(=箒の形に組み立てる)」工程と、パーツとなる玉(束)作り。 玉(束)のうち「耳玉(みみだま)」とよばれる、長柄箒両端の一番太く厚みのある玉を作っているところ。…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒を「合わせる(=箒の形に組み立てる)」工程。 長くご愛用いただける丈夫な棕櫚箒になるように、各玉の足巻き(あしまき)の端と黒竹柄の接合部になるべく隙間が出来ないように注意しながら銅線を硬…

棕櫚箒-コウガイ削り

棕櫚箒-コウガイ削り

棕櫚箒作りに必要なコウガイ(太い竹串)の準備。 コウガイは数年前に山から切り出し自然乾燥させておいた孟宗竹を割って作ります。鋸で切った孟宗竹を画像1枚目のように鉈(なた)で割り、小刀で削り(画像2枚目)、火で炙って油抜き…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

引き続き【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。 鬼毛箒(タイシ箒)の製法は本鬼毛箒の場合と異なり、棕櫚繊維1本からの選別はしませんが、私の場合は棕櫚繊維を成り行き任せでそのまま束ねるのではなく、ク…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)7玉長柄箒を「合わせる(=箒の形に組み立てる)」工程。バラバラに製作してきた玉(束)を一対ずつコウガイ(孟宗竹から削り出した太い竹串)に通します。 各玉の足巻き(あしまき)の端と黒竹柄の接合部にな…