棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

バラバラに製作してきた【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の玉(束)を、棕櫚長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。持ち手はヒノキです。 ヒノキ柄の先端の穴に貫通させたコウガイ(孟宗竹から削り出した太い竹串)の左右から一対ずつ…

棕櫚箒-ヒノキ柄の下準備と本鬼毛の選別

棕櫚箒-ヒノキ柄の下準備と本鬼毛の選別

ヒノキ柄(持ち手)の下準備をします。鋸で必要な長さに切り、穴をあけ、全体に紙やすりをかけます。棕櫚箒ご依頼の際に「無塗装で」と指定がある場合を除き、仕上げに木材用のガラス質塗料(木の食器やお弁当箱にも使われる)を重ねて塗…

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒の玉に足巻きをする

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒の玉に足巻きをする

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。「足巻き(あしまき)」という部分を作るために、クジリ(千枚通し)を使って玉表層の鬼毛を1~2本ずつすくっていきます。 足巻きの良し悪しは、棕櫚箒の良し悪しと密…

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒の玉作り

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒の玉作り

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。1本ずつ選別・分類し揃えてきた本鬼毛・タチケを幾層かに重ね束ねて銅線で縛り、玉を作ります。画像左側の銅製の塵取りの中に立てて置いているのが、選別後の本鬼毛・タ…

棕櫚箒-本鬼毛の選別

棕櫚箒-本鬼毛の選別

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒を作るために、原料となる本鬼毛の選別。左手の「選別していない棕櫚繊維(=タイシ)」束の中から、本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を1本ずつ抜き出し、分類しながら揃えていきま…

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作り

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作り

【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。数日かけてタイシ(未選別の棕櫚繊維)束の中から1本ずつ選別・分類し揃えてきた本鬼毛・タチケを幾層かに重ね束ねて銅線で縛り、玉を作ります。縛った玉は玄翁で叩いて形を整え…

棕櫚箒-他社製の鬼毛箒の修理・修繕

棕櫚箒-他社製の鬼毛箒の修理・修繕

長らくおあずかりしていた鬼毛箒(他社製)の修理に取り掛かります。「手箒(てぼうき)」とよばれる片手箒です。短柄・半柄などとよばれることもあります。 7玉の棕櫚鬼毛手箒で、7つある玉(束)のうちひとつが緩み、棕櫚繊維が抜け…

棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒を作るために、本鬼毛箒の原料となる本鬼毛の選別をしていきます。左手の「選別していない棕櫚繊維(=タイシ)」束の中から、本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を1本ずつ抜き出し、分類しな…

棕櫚箒-7玉鬼毛箒(タイシ箒)の玉作り

棕櫚箒-7玉鬼毛箒(タイシ箒)の玉作り

今日は十日戎(とおかえびす)なので町内の神社で福笹(吉兆/きっきょう)をいただきました。今の工房から車で30分程のところにある、弟子の頃に毎年師匠と歩いてお参りした神社に通っています。当時の思い出がよみがえり初心に返りま…