【棕櫚箒】棒束子[キリワラ]やわらか/洗濯用
【棕櫚箒】棒束子[キリワラ]やわらか/洗濯用

昨日のミニ箒に続けて小箒・荒神箒作り。【棕櫚箒】棒束子(ぼうたわし)[キリワラ]やわらか/洗濯用を作ります。
棕櫚の「棒束子(キリワラ・切り藁)」は棕櫚箒というよりタワシやブラシの一種です。
これは特に細く柔らかい棕櫚繊維を原料にしたもので、木綿などの洗濯(襟・袖洗い)などに使われています。
棒束子には、サイズや原料の棕櫚繊維の硬さにより様々な用途・種類があります。これよりも大きいサイズが多く、硬めの棕櫚繊維を使用した棒束子はフライパンや中華鍋用のササラとして使われたりしています。

【棕櫚箒】棒束子[キリワラ]やわらか/洗濯用
【棕櫚箒】棒束子[キリワラ]やわらか/洗濯用
棒束子・キリワラはタワシの元祖で、昔の人は「切り藁」の名前の通りワラなど植物の繊維を束ねたこのような形状のものを洗い物に使っていました。亀の子たわしが発明されるまではタワシといえばこのような棒束子でした。
また近いうちに江戸時代の絵に描かれている棒束子・キリワラをご紹介したいと思います。

この洗濯用の棒束子の原料は細く柔らかい棕櫚繊維(本鬼毛箒の原料になる太く硬い棕櫚繊維を抜き取ったもの)で、糸は、蝋引きしていない麻糸(ラミー・リネン混紡糸)です。