棕櫚箒-皮荒神箒3玉の仕上げ工程

棕櫚箒-皮荒神箒3玉の仕上げ工程

引き続き、短い黒竹柄を付けた【棕櫚箒】皮荒神箒3玉(銅線巻と糸締めの2種)の仕上げ、「熊手をかける」「穂先を捌く(さばく)」「箒を磨く」「自然乾燥」工程。 棕櫚皮箒は皮を束ねて裁断したそのままでは箒としては床当たりが悪く…

棕櫚箒-鬼毛の毛ごしらえ

棕櫚箒-鬼毛の毛ごしらえ

今日は晴天に恵まれ空気も乾燥していましたので、棕櫚繊維(タイシ)の下準備「毛ごしらえ」をしました。これから始まる梅雨時期は棕櫚繊維が乾きにくくなりますので、梅雨前に多めに毛ごしらえをして備えをしておきたかったのです。 棕…

棕櫚箒-棕櫚繊維の毛ごしらえ

棕櫚箒-棕櫚繊維の毛ごしらえ

夜には雨が降り荒れ模様という天気予報だからか、朝から暖かく風があったので、予定変更して棕櫚繊維(タイシ)の下準備「毛ごしらえ」をしました。 入荷したままの棕櫚繊維は、梱包時の縛り癖が付き棕櫚粉など汚れも不着しているため、…

棕櫚箒-棕櫚繊維の毛ごしらえ

棕櫚箒-棕櫚繊維の毛ごしらえ

朝から久しぶりに晴れましたので急遽、棕櫚繊維(タイシ)の下準備「毛ごしらえ」をしました。この地域は高野山麓だからなのか、一年を通じて平野部に比べ曇りや雨の日が多いように思います。最近は気温が低くなりましたので、棕櫚箒や繊…

棕櫚箒-棕櫚繊維の毛ごしらえ

棕櫚箒-棕櫚繊維の毛ごしらえ

朝から天気が良かったので先日に続けて急遽、棕櫚繊維(タイシ)の下準備「毛ごしらえ」をしました。画像は自然乾燥させた棕櫚繊維を取り込んでいるところです。この時期の晴れ間に製作予定を変更して毛ごしらえをするのは、本格的な冬が…

棕櫚箒-棕櫚繊維の毛ごしらえ

棕櫚箒-棕櫚繊維の毛ごしらえ

朝から天気が良く暖かかったので、予定変更して棕櫚繊維(タイシ)の下準備「毛ごしらえ」をしました。棕櫚繊維(タイシ)は鬼毛箒(タイシ箒)の原料になる未選別の棕櫚繊維です。また、棕櫚繊維(タイシ)の中から本物の鬼毛(本鬼毛・…

棕櫚箒-棕櫚皮箒の自然乾燥

棕櫚箒-棕櫚皮箒の自然乾燥

【棕櫚箒】皮9玉長柄箒と皮5玉手箒を天日干しと室内干しで自然乾燥。箒を逆さに立てた状態で芯までほぼ乾燥させたら、今度は吊るして乾かします。 棕櫚箒は自然素材なので紫外線には弱く、長期間さらされると劣化が進み変色や切れ毛の…

棕櫚箒-皮荒神箒・小箒の自然乾燥

棕櫚箒-皮荒神箒・小箒の自然乾燥

ここ数日作ってきた皮荒神箒・小箒の仕上げ工程をまとめてします。 穂先を水で濡らし、熊手を使って捌き(ほぐし)、仕上げブラシで穂先繊維を磨き、穂先をおおまかな形に切り揃え、自然乾燥しているところです。棕櫚の色が濃い部分が、…

棕櫚箒-棕櫚繊維の毛ごしらえ

棕櫚箒-棕櫚繊維の毛ごしらえ

和歌山のこちらの地域は台風は幸い何事もなく過ぎました。山陰地方や九州は大雨とのこと、案じています。まだ時折激しい雨が降っていますが、明日の和歌山は久々に晴れ間も出るという天気予報を見て、急遽、棕櫚繊維(タイシ)の下準備「…

皮5玉手箒の穂先を捌く

皮5玉手箒の穂先を捌く

完成品の棕櫚皮手箒の形に組み合わせたら、穂先・床に当たる部分をほぐし自然乾燥させる工程に移ります。棕櫚皮箒の穂先をほぐし繊維状にすることを「捌く(さばく)」といいます。 画像1枚目の左が穂先をほぐす前の皮手箒、右が穂先を…

鬼毛の毛ごしらえ

鬼毛の毛ごしらえ

今日は引き続き本鬼毛箒を作る予定でしたが、午後からは「鬼毛の毛ごしらえ」に変更しました。朝から空気が乾燥しすぎていて、原料の棕櫚鬼毛に急な乾燥によるクセが出てまとまりにくく、こんな日は鬼毛箒作りに不向きなのです。空気が極…