棕櫚箒-本鬼毛長柄箒の玉に足巻きをする

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒の玉に足巻きをする

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。「足巻き(あしまき)」という部分を作るために、クジリ(千枚通し)を使って玉表層の鬼毛を1~2本ずつすくっていきます。 足巻きの良し悪しは、棕櫚箒の良し悪しと密…

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒の玉作り

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒の玉作り

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。1本ずつ選別・分類し揃えてきた本鬼毛・タチケを幾層かに重ね束ねて銅線で縛り、玉を作ります。画像左側の銅製の塵取りの中に立てて置いているのが、選別後の本鬼毛・タ…

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作り

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作り

【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。数日かけてタイシ(未選別の棕櫚繊維)束の中から1本ずつ選別・分類し揃えてきた本鬼毛・タチケを幾層かに重ね束ねて銅線で縛り、玉を作ります。縛った玉は玄翁で叩いて形を整え…

棕櫚箒-7玉鬼毛箒(タイシ箒)の玉作り

棕櫚箒-7玉鬼毛箒(タイシ箒)の玉作り

今日は十日戎(とおかえびす)なので町内の神社で福笹(吉兆/きっきょう)をいただきました。今の工房から車で30分程のところにある、弟子の頃に毎年師匠と歩いてお参りした神社に通っています。当時の思い出がよみがえり初心に返りま…

棕櫚箒-鬼毛箒(タイシ箒)の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒(タイシ箒)の玉作り

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒の玉(束)作り。画像1枚目は、玉の芯に少量入れる糯藁の芯を選び出すために、藁の葉やハカマを取り除いているところです。和歌山県橋本市で農家をしている親類が作った糯米の藁を譲ってもらっていま…

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の玉(束)作りと、本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)の選別。意匠は銅線と蝋引き麻糸(黒褐色)の組み合わせ。銅線と黒糸の組み合わせは私の師匠が好んで製作していた意匠です。

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

選別していない棕櫚繊維(=タイシ)束の中から、本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を1本ずつ選別し分類する工程と、【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の玉(束)作り。選別し終わった本鬼毛を少量ずつ手に取り、再度吟味しつ…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒の玉(束)作り。鬼毛箒(タイシ箒)は、本鬼毛箒とは主原料が異なり、選別しないままの上質な棕櫚繊維を束ねて作る箒です。短い棕櫚繊維を取り除いた長い繊維を揃え、幾層か重ね束ね固く縛ります。 …

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒を合わせる

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒作り。持ち手はヒノキ、意匠は銅線と蝋引き麻糸(リネン色)の組み合わせです。バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉(束)を、完成品の棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。この後、仕上げ…