棕櫚の木の撞木(しゅもく)-平等院

棕櫚の木の撞木(しゅもく)-平等院

久しぶりに棕櫚で出来ている物をご紹介します。棕櫚皮を剥いた棕櫚の木の幹で出来ている、お寺の鐘突き棒「撞木(しゅもく)」です。2017年のブログ記事にも和歌山県橋本市にある撞木をご紹介しましたが、今日は京都府宇治市・平等院…

棕櫚に雪

棕櫚に雪

昨日からの雪が降り積もって工房横の棕櫚の木も雪化粧です。移住するまでは和歌山は温暖な気候というイメージがありましたが、ここは高野山に近く少し標高が高い山間地なので、和歌山市や白浜など沿岸部と比べると気温が低く積雪量も多い…

棕櫚の木の撞木(しゅもく)

棕櫚の木の撞木(しゅもく)

お寺の鐘突き棒「撞木(しゅもく)」。撞木に使われる木は色々あると思いますが、皮を剥いた棕櫚の木の幹が使われていることも多いです。その理由をたずねたら「棕櫚の木の幹は真っ直ぐな繊維が集まったような構造をしていて、適度に重く…