棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

ここ数日は、これから本鬼毛箒を作るために、箒1本に必要な分量の本鬼毛を選び、抜いて揃える本鬼毛選別工程。左手に、あらかじめ毛ごしらえして自然乾燥させておいた棕櫚繊維(タイシ)束を持ち、その中から本鬼毛箒の原料になる本物の…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)7玉長柄箒作り。 バラバラに製作してきた玉(束)を完成品の棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。意匠は銅線巻き、持ち手・柄はヒノキ。 この後、仕上げ工程へ移ります。

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り。意匠はリネン自然色の麻糸と銅線の組み合わせ、柄・持ち手はヒノキ。 各玉(束)の足巻き(あしまき)の端とヒノキ柄の接合部になるべく隙間が出来ないように注意しながら銅線で固定していきま…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。意匠は銅線巻き。「鬼毛箒(タイシ箒)」は、見た目がよく似ている「本鬼毛箒」とは主原料が異なり、上質な「未選別の棕櫚繊維(=タイシ、といいます)」を束ねて作る箒…

棕櫚箒-棕櫚のはたき作り

棕櫚箒-棕櫚のはたき作り

【棕櫚箒】棕櫚のはたきの製作。はたきには、棕櫚箒の主原料には使えないくらい細く柔らかい棕櫚繊維のうち、艶のある美しい繊維だけを使用しています。 「本鬼毛箒」の原料選別の際に「未選別の棕櫚繊維(タイシ)」束から本物の鬼毛(…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。意匠は銅線と麻糸の組み合わせ。 「鬼毛箒(タイシ箒)」は、見た目がよく似ている「本鬼毛箒」とは主原料が異なり、上質な「未選別の棕櫚繊維(=タイシ、といいます)…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。意匠は麻糸巻き(リネン自然色)。原料の未選別の棕櫚繊維(タイシ)は、自然の棕櫚皮をほぐしただけのもので、長い繊維や短い繊維、太い繊維や細い繊維など、元の棕櫚皮…

棕櫚箒-棕櫚のはたき作り

棕櫚箒-棕櫚のはたき作り

今日も朝から棕櫚繊維(タイシ)の下準備「毛ごしらえ」。そうして毛ごしらえした棕櫚繊維を外で自然乾燥させつつ、工房に戻り【棕櫚箒】棕櫚のはたきの製作。持ち手は黒竹とヒノキの二種。 私が製作する棕櫚はたきの原料には、未選別の…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

引き続き 【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)7玉長柄箒作り。 バラバラに製作してきた玉(束)を完成品の箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 長柄箒中央の黒竹を付けた「柄付けの玉(えづけのたま)」の穴に孟宗竹を削って作ったコウガ…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

引き続き【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。 原料の未選別の棕櫚繊維(タイシ)は、自然の棕櫚皮をほぐしたもので、長い繊維や短い繊維、太い繊維や細い繊維など、元の棕櫚皮を構成していたあらゆる棕櫚繊…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

引き続き【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)7玉長柄箒作り。あらかじめ先を揃えて置いた未選別の棕櫚繊維「鬼毛(タイシ)」で玉(束)をこしらえ、それを完成品の箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 この後、仕上げ工程へ移ります。

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと本鬼毛の選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと本鬼毛の選別

【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒作り。意匠は銅線と蝋引き麻糸の組み合わせ。銅線と黒糸の組み合わせは私の師匠が好んで製作していた意匠です。 棕櫚箒のパーツとなる玉(束)作りをしつつ、原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)がまだ足…