棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

引き続き、バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉(束)を【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。持ち手は和歌山県日高町産の黒竹、「柄付け(えづけ)の意匠」はリネン色の蝋引き麻糸巻き。 この後、仕上げ…

棕櫚箒-コウガイ削り

棕櫚箒-コウガイ削り

棕櫚箒作りに必要なコウガイ(太い竹串)の準備。 コウガイは数年前に山から切り出し自然乾燥させておいた孟宗竹を割って作ります。鋸で切った孟宗竹を画像1枚目のように鉈(なた)で割り、小刀で削り(画像2枚目)、火で炙って油抜き…

棕櫚箒-本鬼毛箒を合わせる工程

棕櫚箒-本鬼毛箒を合わせる工程

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)を棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。持ち手はヒノキ、「柄付け(えづけ)の意匠」はリネン色の蝋引き麻糸巻き。 箒を合わせる工程の終盤、長柄箒両端の玉「耳玉(…

棕櫚箒-本鬼毛箒を合わせる工程と玉作り

棕櫚箒-本鬼毛箒を合わせる工程と玉作り

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作りと、それを棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 画像の白い紐は仮締めするための紐「引き紐」です。引き紐を巻き、体を後ろに倒し体重をかけて引き絞ってから、…

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒を合わせる

引き続き、【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒を箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。まず、持ち手の黒竹に棕櫚を巻き、長柄箒の中央の玉(束)「柄付けの玉(えづけのたま)」を作ります。 柄付けの玉に通した太い竹串(コウガイ)に、あ…

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

引き続き、昨日選別した本鬼毛で【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の両端の玉「耳玉(みみだま)」作りと、それを箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 体を後ろに倒し体重をかけ、右手の白い引き紐で仮締めしながら銅線を硬く巻いていき…

棕櫚箒-コウガイ削りと本鬼毛の選別

棕櫚箒-コウガイ削りと本鬼毛の選別

棕櫚箒作りに必要なコウガイ(太い竹串)が足りなくなったので、数年前に山から切り出し乾燥させておいた孟宗竹を割って作ります。鋸で切った孟宗竹を鉈(なた)で割り、小刀で削り、火で炙って油抜きします。 続いて、本鬼毛箒の原料と…

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒を合わせる

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛11玉長柄箒を完成品の棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。画像1枚目は持ち手の柄と棕櫚の境界部分「柄付け(えづけ)の意匠」の製作途中。柄付けの意匠は、美しい棕櫚皮と蝋引き麻糸と銅線を巻いて…

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒を合わせる

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛11玉長柄箒を完成品の棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 長柄箒両端の大きく太い玉「耳玉(みみだま)」をコウガイ(太い竹串)に通し銅線で巻いて固定し、持ち手の柄と棕櫚の境界部分「柄付け(…

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒を合わせる

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛11玉長柄箒を完成品の棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。昨日合わせたのと同じ箒になるように比較・微調整しながら製作を進めます。白い紐は、銅線を縛るための仮締め用の紐「引き紐」です。 各玉…