棕櫚箒-棕櫚皮長柄箒を合わせる

棕櫚箒-棕櫚皮長柄箒を合わせる

引き続き【棕櫚箒】棕櫚皮7玉長柄箒作り。パーツとなる棕櫚皮の玉(束)を棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。順番に玉を通し固定していきます。 先日あらかじめ「耳玉(みみだま)=長柄箒の左右両端の一番太く厚みのある玉…

棕櫚箒-棕櫚皮長柄箒の玉作り

棕櫚箒-棕櫚皮長柄箒の玉作り

【棕櫚箒】棕櫚皮7玉長柄箒の玉作り。画像1枚目は「耳玉(みみだま)」とよばれる玉(束)をこしらえているところです。耳玉は、長柄箒の左右両端の一番太く厚みのある玉のことです。 耳玉を厚く作るのは、長柄箒の両端の玉が、長年掃…

棕櫚箒-皮7玉長柄箒作り

棕櫚箒-皮7玉長柄箒作り

引き続き【棕櫚箒】皮7玉長柄箒作り。バラバラに製作してきた玉(束)を完成品の棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程と、皮箒の穂先になる棕櫚皮の一部分のみを捌き(さばき)ほぐす工程。 棕櫚皮箒にするために棕櫚皮の一部を…

棕櫚箒-皮7玉長柄箒作り

棕櫚箒-皮7玉長柄箒作り

引き続き【棕櫚箒】皮7玉長柄箒作り。長柄箒の両端の厚く大きい玉「耳玉(みみだま)」と、箒中央の黒竹柄を付けた「柄付けの玉(えづけのたま)」作り。画像1枚目は耳玉に「足巻き(あしまき)」をしているところです。 ここひと月程…

棕櫚箒-皮7玉長柄箒作り

棕櫚箒-皮7玉長柄箒作り

引き続き【棕櫚箒】皮7玉長柄箒作り。リネン色の蝋引き麻糸巻きの皮7玉長柄箒と、銅線と黒褐色の蝋引き麻糸巻きを組み合わせた意匠の2種2本を同時に製作します。 品質「特選」の棕櫚皮箒に使う棕櫚皮は、加工する前から惚れ惚れする…

棕櫚箒-皮長柄箒の仕上げと棕櫚皮の選別

棕櫚箒-皮長柄箒の仕上げと棕櫚皮の選別

棕櫚皮7玉長柄箒の仕上げ工程。画像は余分なコウガイ(竹串)を枝切り鋏でカットしているところです。 今回は少し思うところがあり、通常とは作業工程の順番を変えて製作しました。受け継いだ伝統製法を続けることにはこだわりがあるの…

棕櫚箒-皮長柄箒を合わせる

棕櫚箒-皮長柄箒を合わせる

引き続き、棕櫚皮7玉長柄箒を作ります。パーツ・玉(束)に「足巻き」をし、完成品の棕櫚箒の形に合わせ(組み合わせ)ていきます。 意匠・玉を縛っている素材は蝋引き麻糸(リネン色)です。この蝋引き麻糸はとても丈夫で、銅線の場合…

引き続き皮箒の自然乾燥と皮の選別等

引き続き皮箒の自然乾燥と皮の選別等

引き続き皮7玉長柄箒を天日干しにて自然乾燥。逆さに立てた状態で芯までほぼ乾燥させたら、今度は吊るして乾かします。逆さに干して広がってしまっていた穂先が、しばらく吊るすと落ち着いてまとまってきます。 他には、また思うような…

皮箒の自然乾燥

皮箒の自然乾燥

棕櫚箒の仕上げ乾燥方法は、自然乾燥です。皮箒は天地を返して天日干した後、さらに吊るして自然乾燥します。鬼毛箒の乾燥方法は皮箒とは異なり、日光に当たらないよう屋内で自然乾燥します。 師匠がしていたように、箒を逆さに立てるた…

皮長柄箒に熊手をかける→箒を磨く工程

皮長柄箒に熊手をかける→箒を磨く工程

皮7玉長柄箒の穂先を捌く(さばく)「熊手をかける」工程。穂先を濡らして毛捌き機(輪転機)で少し繊維をほぐした後、まず大きなサイズの熊手を使ってザクザク捌いていきます。 次に中くらいのサイズの熊手を使い繊維をほぐしていきま…