棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒の仕上げ工程

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒の仕上げ工程

引き続き、棕櫚本鬼毛の玉(束)を【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。蝋引き麻糸・銅線・棕櫚皮で持ち手の柄と棕櫚の境界部分「柄付け(えづけ)の意匠」をこしらえ、銅鋲や真鍮釘を打ち、両端の余分なコ…

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉(束)を【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。玉を順番にコウガイ(孟宗竹から削り出した太い竹串)に叩き通して銅線で固定。 各玉の端に銅線を断続的に巻き強度を高…

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと本鬼毛の選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと本鬼毛の選別

【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒作り。意匠は麻糸巻。原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)の選別と、棕櫚箒のパーツとなる玉(束)作りを交互にしていきます。本鬼毛の選別は、あらかじめ毛ごしらえして自然乾燥させておいた棕櫚繊維(タ…

棕櫚箒-麻糸巻の鬼毛(タイシ)3玉共柄

棕櫚箒-麻糸巻の鬼毛(タイシ)3玉共柄

今日は番外編(?)。定番の棕櫚箒製作風景ではなく、自分用の棕櫚箒作りの様子です。棕櫚皮箒作りの最中に、作業台周辺の棕櫚粉を掃く小箒が手元になくて不便だったので、急遽、作業台に座ったまま手の届く範囲にある材料で荒神箒を作り…

棕櫚箒-皮5玉手箒作り

棕櫚箒-皮5玉手箒作り

引き続き【棕櫚箒】棕櫚皮5玉手箒(片手箒)・特選の製作。意匠は銅線巻き、持ち手は黒竹。品質「特選」の棕櫚皮原料は、大量に仕入れた棕櫚皮の中から選び出した数少ない上質な棕櫚皮の良い部分だけをたっぷり使っています。上質な棕櫚…

棕櫚箒-皮5玉手箒作り

棕櫚箒-皮5玉手箒作り

あらかじめ選別しておいた棕櫚皮を左脇に山積みし、それをさらに吟味しながら【棕櫚箒】棕櫚皮5玉手箒(片手箒)・特選の製作。意匠は蝋引き麻糸巻き、持ち手は黒竹。厳選した棕櫚皮の良い部分だけを使って、箒のパーツとなる玉(束)を…

棕櫚箒-棕櫚皮箒の自然乾燥

棕櫚箒-棕櫚皮箒の自然乾燥

【棕櫚箒】棕櫚皮7玉長柄箒を天日干しと室内干しで自然乾燥。箒を逆さに立てた状態で芯までほぼ乾燥させたら、今度は吊るして乾かします。 この箒のような品質「特選」箒は棕櫚皮をたっぷり使用しているので、穂先をほぐした状態でも箒…

棕櫚箒-棕櫚皮7玉長柄箒作り

棕櫚箒-棕櫚皮7玉長柄箒作り

【棕櫚箒】棕櫚皮7玉長柄箒作り。厳選した棕櫚皮を複数枚重ね、パーツとなる玉(束)を作り、それらを棕櫚箒の形に合わせます。 前掛けや作業台の上に、棕櫚皮から落ちた茶色の棕櫚粉がたくさん積もっています。棕櫚皮箒の製作時には、…

棕櫚箒-棕櫚のはたき作り

棕櫚箒-棕櫚のはたき作り

【棕櫚箒】棕櫚のはたきの製作。持ち手は黒竹。短い繊維や白い繊維を取り除き揃えていきます。私が製作する棕櫚はたきの原料には、未選別の棕櫚繊維(タイシ)から鬼毛(本鬼毛・タチケ)を抜き取った後に残るいわゆる「二番毛」のうち、…

足踏み式製縄機で棕櫚縄を作る

足踏み式製縄機で棕櫚縄を作る

今日は海南市歴史民俗資料館所蔵の足踏み式製縄機で棕櫚紐・縄を作れるのかどうか試させていただきました。昨年お約束していたのが、新型コロナウイルス感染拡大により延び延びに。ようやく実現となりました。 私は手綯い縄以外の方法で…

棕櫚箒-本鬼毛荒神箒5玉トサカ型共柄

棕櫚箒-本鬼毛荒神箒5玉トサカ型共柄

【棕櫚箒】本鬼毛荒神箒5玉トサカ型/共柄(ともえ)作り。卓上など手元の掃除に使いやすい手のひらサイズ(少し大きめ)の棕櫚小箒です。本鬼毛荒神箒の原料は、棕櫚繊維の中から1本ずつ選び出した本物の鬼毛を使い、本鬼毛座敷箒と同…

棕櫚箒-持ち手になる黒竹の下準備

棕櫚箒-持ち手になる黒竹の下準備

梅雨を前に、原料置場にストックしてある黒竹に付いた埃を綺麗に拭くと共に、用途ごとに選別します。棕櫚箒の柄として仕入れているのは地元・和歌山県日高町特産の黒竹で、特有の深く微妙な色合いや模様が美しいです。 黒竹の枝の根元は…