棕櫚箒-本鬼毛長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒を合わせる

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛11玉長柄箒を完成品の棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。一昨日、昨日、今日の3本が同じ箒になるように比較・微調整しながら製作を進めます。 これら3本分の本鬼毛11玉長柄箒の玉(束)は、2…

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒を合わせる

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛11玉長柄箒を完成品の棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。昨日合わせたのと同じ箒になるように比較・微調整しながら製作を進めます。白い紐は、銅線を縛るための仮締め用の紐「引き紐」です。 各玉…

棕櫚箒-本鬼毛11玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛11玉長柄箒を合わせる

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛11玉長柄箒作り。バラバラに製作してきた玉(束)を、棕櫚長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。持ち手はヒノキです。 ヒノキ柄の先端の穴に貫通させたコウガイ(孟宗竹から削り出した太い竹串)の左…

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉に足巻きをする

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉に足巻きをする

引き続き、【棕櫚箒】本鬼毛11玉長柄箒のパーツとなる玉(束)に「足巻き(あしまき)」をする工程。クジリ(千枚通し)を使って玉表層の鬼毛を1~2本ずつすくい、余分な繊維を切断後、引き紐で仮締めしながら銅線で硬く縛ります。 …

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉に足巻きをする

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉に足巻きをする

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛11玉長柄箒作り。小玉(束)に一定の間隔で硬く銅線を巻き強度を高める「足巻き(あしまき)」をしていきます。 足巻きには、棕櫚箒の持ち手(柄)と玉(束)をがっちり固定し、箒を丈夫で長持ちさせる役割が…

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

引き続き、毛ごしらえした未選別の棕櫚繊維(タイシ)束の中から、本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を選別する工程と、【棕櫚箒】本鬼毛11玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。 「足巻き(あしまき)」という部分を…

棕櫚箒-棕櫚皮9玉長柄箒作り

棕櫚箒-棕櫚皮9玉長柄箒作り

【棕櫚箒】棕櫚皮9玉長柄箒作り。厳選した棕櫚皮を重ねて、パーツとなる玉(束)を作ります。意匠は銅線と蝋引き麻糸(黒褐色)の組み合わせ。銅線と黒糸の組み合わせは私の師匠が好んで製作していた意匠です。