棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

バラバラに製作してきた玉(束)を完成品の【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)7玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。意匠は銅線と蝋引き麻糸の組み合わせ。銅線と黒糸の組み合わせは私の師匠が好んで製作していた意匠です。 長柄箒中…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

引き続き【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)7玉長柄箒作り。バラバラに製作してきた玉(束)を完成品の箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 意匠は麻糸巻き(リネン自然色)、持ち手はヒノキ。 長柄箒中央のヒノキ丸棒を付けた「柄付けの…

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚本鬼毛の玉(束)を【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。各玉の端に銅線を断続的に巻き強度を高める「足巻き(あしまき)」をします。 足巻きには、玉(束)を柄に固定し支える役割があり箒の構造上「…

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚本鬼毛の玉(束)を【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。各玉の端に「足巻き(あしまき)」をします。足巻きの良し悪しは、棕櫚箒の良し悪しと密接に関わるため特に神経を使う工程です。 足巻きをした…

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉(束)を【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。玉を順番にコウガイ(孟宗竹から削り出した太い竹串)に叩き通して銅線で固定。 各玉の端に銅線を断続的に巻き強度を高…

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作り

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作り

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)をこしらえる工程。あらかじめ1本ずつ抜き集めて揃えた棕櫚本鬼毛・タチケを幾層か重ね、きつく束ねていきます。 9玉長柄箒は名前の通り9つの棕櫚束で構成されます。内訳は…

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作り

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作り

あらかじめ1本ずつ抜き集めて揃えた棕櫚本鬼毛・タチケを幾層か重ね束ね、【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)をこしらえる工程。 各玉の端に「足巻き(あしまき)」をします。クジリ(千枚通し)を使って玉表層の本鬼毛…

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉(束)を【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 玉を順番にコウガイ(孟宗竹から削り出した太い竹串)に叩き通して銅線で固定。各玉の端の「足巻き(あしまき)」は、…

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと原料選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと原料選別

棕櫚繊維束の中から本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を手でを1本ずつ抜き出し、分類しながら揃える選別工程。並行して、そうして選別し抜き集めた本鬼毛をさらに厳選し重ね束ねて、パーツとなる玉(束)をこしらえる玉…

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作り

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作り

あらかじめ1本ずつ抜き集め、昨日さらに選別した棕櫚本鬼毛・タチケを幾層か重ね束ね、【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)をこしらえる工程。 各玉に「足巻き(あしまき)」という部分を作るために、クジリ(千枚通し)…

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉(束)の端に足巻きをし、【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 画像2から4枚目は、繊維1本ずつ手選別し揃えた本鬼毛箒の原料「本鬼毛・タチケ」です。本鬼毛は1…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる工程

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる工程

引き続き 【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り。 バラバラに製作してきた玉(束)を順番にコウガイ(太い竹串) に通し、完成品の箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 各玉の足巻き(あしまき)の端と黒竹柄の接合部になる…