棕櫚箒-本鬼毛長柄箒の玉に足巻きをする

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒の玉に足巻きをする

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。「足巻き(あしまき)」という部分を作るために、クジリ(千枚通し)を使って玉表層の鬼毛を1~2本ずつすくっていきます。 足巻きの良し悪しは、棕櫚箒の良し悪しと密…

棕櫚箒-7玉鬼毛箒(タイシ箒)の玉作り

棕櫚箒-7玉鬼毛箒(タイシ箒)の玉作り

今日は十日戎(とおかえびす)なので町内の神社で福笹(吉兆/きっきょう)をいただきました。今の工房から車で30分程のところにある、弟子の頃に毎年師匠と歩いてお参りした神社に通っています。当時の思い出がよみがえり初心に返りま…

棕櫚箒-鬼毛箒(タイシ箒)の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒(タイシ箒)の玉作り

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒の玉(束)作り。画像1枚目は、玉の芯に少量入れる糯藁の芯を選び出すために、藁の葉やハカマを取り除いているところです。和歌山県橋本市で農家をしている親類が作った糯米の藁を譲ってもらっていま…

棕櫚箒-鬼毛箒の玉に足巻きをする

棕櫚箒-鬼毛箒の玉に足巻きをする

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り。各小玉(しょうだま)に、棕櫚箒の構造上重要な部分である「足巻き(あしまき)」をする工程。体を後ろに倒し体重をかけ、右手の白い引き紐で仮締めしながら銅線を硬く巻いていきます。

棕櫚箒-玉に足巻きをする工程と鬼毛の選別

棕櫚箒-玉に足巻きをする工程と鬼毛の選別

先日から製作してきた【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の小玉(しょうだま)に、棕櫚箒の構造上重要な部分である「足巻き(あしまき)」をする工程と鬼毛の選別。 小玉とは、長柄箒の両端の玉(束)と中央の持ち手を付けた玉以外の小さい玉の…

棕櫚箒-棕櫚皮箒作りとしゅろの歌8

棕櫚箒-棕櫚皮箒作りとしゅろの歌8

引き続き【棕櫚箒】棕櫚皮9玉長柄箒作りなど皮箒の製作。意匠は銅線と蝋引き麻糸巻き(リネン色)の組み合わせ。 以下、10月23日から7回に分けて掲載してきた地元に伝わる「しゅろの歌」を、改めてひとつながりにまとめて掲載しま…

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉に足巻きする

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉に足巻きする

本鬼毛9玉長柄箒の玉(束)に「足巻き」をする工程。玉を順番通りに並べて製作を進めます。棕櫚箒の強度を高める為には、足巻きの長さが合っているか・銅線を的確に硬く巻けているかどうかが重要です。

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒の玉作り

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒の玉作り

【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の玉(束)作り。 画像は、本鬼毛9玉長柄箒を構成する9つの玉のうち「小玉(しょうだま)」とよばれている、3玉一対の計6個の玉に「足巻き(あしまき)」をしているところです。 9玉長柄箒の玉は、左右…

棕櫚箒-本鬼毛11玉長柄箒の玉作り

棕櫚箒-本鬼毛11玉長柄箒の玉作り

【棕櫚箒】本鬼毛11玉長柄箒の玉(束)作り。先週末までにあらかじめ1本ずつ手選別しておいた鬼毛(本鬼毛・タチケ)を幾層か重ね、芯に棕櫚繊維と少量の糯藁を入れ、銅線で硬く縛り玉にし、それぞれに足巻きをします。 11玉長柄箒…

棕櫚箒-皮5玉手箒作り

棕櫚箒-皮5玉手箒作り

引き続き【棕櫚箒】棕櫚皮5玉手箒・特選作り。 バラバラに製作してきた棕櫚皮の玉(束)を完成品の棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。白い「引き紐」で仮締めしてから銅線をきつく巻いて玉を固定します。 鉄製の熊手で各玉…