棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

引き続き本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)の選別と、【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の玉(束)作り。 あらかじめ1本ずつ手で選別した本鬼毛・タチケをさらに吟味・厳選し、幾層かに重ね、芯に少量の棕櫚繊維と藁を入れ銅…

棕櫚箒-本鬼毛5玉小手箒[階段箒]作り

棕櫚箒-本鬼毛5玉小手箒[階段箒]作り

【棕櫚箒】本鬼毛5玉小手箒[階段箒]作り。本鬼毛荒神箒は、小さいながらも座敷箒の本鬼毛長柄箒と同じ原料(手で1本ずつ抜き集めた本鬼毛・タチケ)・同じ技法で製作する本格的な棕櫚箒です。 この小箒は5玉(束)で全長50cm程…

棕櫚箒-黒竹柄の本鬼毛荒神箒5玉トサカ型

棕櫚箒-黒竹柄の本鬼毛荒神箒5玉トサカ型

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛荒神箒5玉トサカ型/黒竹柄(短)の製作。本鬼毛長柄箒の製法と同じく、「選別していない棕櫚繊維(=タイシ)」束の中から1本ずつ抜き出した本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を少量ずつ広げ、再度チェック・吟味…

棕櫚箒-黒竹柄の本鬼毛荒神箒5玉トサカ型

棕櫚箒-黒竹柄の本鬼毛荒神箒5玉トサカ型

【棕櫚箒】本鬼毛荒神箒5玉トサカ型/黒竹柄(短)を作ります。先日製作した共柄(ともえ)型と同じ形で、持ち手に黒竹を付けた小箒です。 卓上など手元の掃除に使いやすいサイズです。小さいながらも本鬼毛長柄箒と同じ原料(手で1本…

棕櫚箒-本鬼毛荒神箒3玉共柄

棕櫚箒-本鬼毛荒神箒3玉共柄

【棕櫚箒】本鬼毛荒神箒3玉共柄型を作ります。「共柄(ともえ)」型という箒は、持ち手に棒(黒竹柄やヒノキ柄)を付けない形の箒で、箒の穂先から持ち手までつながった棕櫚で出来ています。 小さいながらも、大きな本鬼毛座敷箒・長柄…

棕櫚箒-本鬼毛荒神箒5玉トサカ型共柄

棕櫚箒-本鬼毛荒神箒5玉トサカ型共柄

【棕櫚箒】本鬼毛荒神箒5玉トサカ型/共柄(ともえ)作り。卓上など手元の掃除に使いやすい手のひらサイズ(少し大きめ)の棕櫚小箒です。 「共柄(ともえ)」という箒は、持ち手に棒(黒竹柄やヒノキ柄)を付けない形の箒で、箒の穂先…

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒の仕上げ工程

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒の仕上げ工程

本鬼毛箒の仕上げ工程のひとつ、「熊手(くまで)をかける」工程。右手に持っているのが「熊手」で、この地域で昔から棕櫚専用の道具として使われている物です。これは10年程前に町内の野鍛冶屋さんに作っていただきました。穂先を水で…

棕櫚箒-本鬼毛箒を合わせる工程

棕櫚箒-本鬼毛箒を合わせる工程

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)を棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。持ち手はヒノキ、「柄付け(えづけ)の意匠」はリネン色の蝋引き麻糸巻き。 箒を合わせる工程の終盤、長柄箒両端の玉「耳玉(…

棕櫚箒-本鬼毛箒を合わせる工程と玉作り

棕櫚箒-本鬼毛箒を合わせる工程と玉作り

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作りと、それを棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 画像の白い紐は仮締めするための紐「引き紐」です。引き紐を巻き、体を後ろに倒し体重をかけて引き絞ってから、…

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作りと、原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)の選別工程。意匠は銅線巻き。 1本ずつ手で選別した本鬼毛・タチケをさらに吟味・厳選し、幾層かに重ね、芯に少量の棕櫚繊維と藁を入…