棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと本鬼毛の選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと本鬼毛の選別

【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒作り。意匠は銅線巻き。あらかじめ毛ごしらえして自然乾燥させておいた棕櫚繊維(タイシ)束の中から1本ずつ本鬼毛・タチケを抜き出し、数種に分類しながら揃える選別工程。その本鬼毛がある程度の量揃ったら…

棕櫚箒-特注の本鬼毛5玉小手箒作り

棕櫚箒-特注の本鬼毛5玉小手箒作り

特注の【棕櫚箒】本鬼毛5玉小手箒作り。特注の内容は、定番商品の【棕櫚箒】本鬼毛5玉小手箒[階段箒](全長50cm程)の持ち手を長くして、あまり腰をかがめなくても掃ける片手箒を作る事(ロングバージョン)。同じ穂先の形でも柄…

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒作り

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒作り

あらかじめ毛ごしらえして自然乾燥させておいた棕櫚繊維(タイシ)束の中から数日かけて1本ずつ抜き出し集めた本物の本鬼毛・タチケを揃え束ね、箒を構成する玉(束)を必要数拵え、【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の形に組み立てていきます…

棕櫚箒-本鬼毛7玉手箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛7玉手箒を合わせる

特注の【棕櫚箒】本鬼毛7玉手箒(片手箒)の製作。バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉を棕櫚片手箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。意匠は麻糸巻き(リネン自然色)、持ち手はヒノキ。この後、仕上げ工程・自然乾燥。

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒の製作。意匠は銅線巻き、持ち手は黒竹。パーツとなる玉(束)をこしらえ、棕櫚箒の形に組み合わせる「箒を合わせる」工程を進めています。画像は「足巻き(あしまき)」とよばれる部分をこしらえているところ…

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒を合わせる

【棕櫚箒】本鬼毛11玉長柄箒を完成品の棕櫚箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 久しぶりのブログ更新になりました。現在、毎日元気に箒作りに励んでいます。日々の棕櫚箒製作状況等を書き留めてきたこのブログですが、更新を2…

棕櫚箒-本鬼毛荒神箒5玉トサカ型柄付き

棕櫚箒-本鬼毛荒神箒5玉トサカ型柄付き

【棕櫚箒】本鬼毛荒神箒5玉トサカ型/黒竹柄(短)作り。黒竹柄を含めた全長は約35cm。本鬼毛荒神箒は小さいながらも、大きな座敷箒の本鬼毛長柄箒と同じ原料(手で1本ずつ抜き集めた本鬼毛・タチケ)・同じ技法で製作する本格的な…

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

今日は76年目を迎えた広島原爆の日。 バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉(束)を【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。各玉の端に銅線を断続的に巻いた部分を「足巻き(あしまき)」といいます。足巻…

棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

ここ数日は、これから本鬼毛箒を作るために、箒1本に必要な分量の本鬼毛を選び、抜いて揃える本鬼毛選別工程。左手に、あらかじめ毛ごしらえして自然乾燥させておいた棕櫚繊維(タイシ)束を持ち、その中から本鬼毛箒の原料になる本物の…

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒を合わせる

【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。意匠は銅線巻き、持ち手は黒竹、「柄付け(えづけ)の意匠」はリネン色の麻糸巻き。 柄付けの意匠は、持ち手の柄と棕櫚の境界部分の意匠の事で、銅線と糸や棕櫚皮を組…