棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

引き続き 【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り。 バラバラに製作してきた玉(束)を順番にコウガイ(太い竹串) に通し、完成品の箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 これら鬼毛箒(タイシ箒)の原料は、上質な棕櫚繊維「…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の仕上げ工程

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の仕上げ工程

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒の仕上げ工程。穂先を水で濡らし「熊手(くまで)をかける」工程。鉄製の熊手で短い毛や抜け毛などを取り除き、毛流れを整えます。 本鬼毛製の仕上げ用小箒(仕上ブラシ)で梳かし整える「箒を磨く」…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる工程

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる工程

引き続き 【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り。 バラバラに製作してきた玉(束)を順番にコウガイ(太い竹串) に通し、完成品の箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 各玉の足巻き(あしまき)の端と黒竹柄の接合部になる…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。 「鬼毛箒(タイシ箒)」は、見た目の似ている「本鬼毛箒」とは主原料の棕櫚繊維が異なり、1本1本の棕櫚繊維までは選別せず、上質な未選別の棕櫚繊維を束ねて作る箒で…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる工程

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる工程

引き続き 、もう1本の【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り。バラバラに製作してきた玉(束)を完成品の箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 画像1枚目は、長柄箒の一番両端に付ける分厚い玉 「耳玉(みみだま)」 をこし…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる工程

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる工程

引き続き 【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り。 バラバラに製作してきた玉(束)を完成品の箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 各玉の足巻き(あしまき)の端と黒竹柄の接合部になるべく隙間が出来ないように注意しながら…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

引き続き【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。今回は同じ箒を2本同時に製作しています。 それぞれの玉(束)に「足巻き(あしまき)」をします。クジリ(千枚通し)を使って玉表層の棕櫚繊維を1~2本ずつ…

棕櫚箒-鬼毛箒の玉作りと皮手箒の自然乾燥

棕櫚箒-鬼毛箒の玉作りと皮手箒の自然乾燥

引き続き【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。 それと並行して【棕櫚箒】皮5玉手箒・上(じょう)の仕上げ工程のひとつ、自然乾燥。風通しの良い外と室内で箒の芯まで乾かします。工房の外は春の気配が漂っ…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。意匠は銅線巻き。 「鬼毛箒(タイシ箒)」は、見た目の似ている「本鬼毛箒」とは主原料の棕櫚繊維が異なり、1本1本の棕櫚繊維までは選別せず、上質な未選別の棕櫚繊維…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の仕上げ工程

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の仕上げ工程

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒の仕上げ工程。穂先を水で濡らし「熊手(くまで)をかける」工程、短い毛や抜け毛などを取り除き、本鬼毛製の仕上げ用小箒(仕上ブラシ)で梳かし整える「箒を磨く」工程の後、穂先を真っ直ぐに切り揃…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。 鬼毛(タイシ)箒は原料が「未選別の棕櫚繊維(タイシ)」なので、棕櫚繊維の品質によって箒自体の品質・見た目や掃き心地にバラつきや個体差が出やすい箒です。 鬼毛…