棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の仕上げ工程

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の仕上げ工程

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒の仕上げ工程。穂先を水で濡らし「熊手(くまで)をかける」工程、短い毛や抜け毛などを取り除き、本鬼毛製の仕上げ用小箒(仕上ブラシ)で梳かし整える「箒を磨く」工程の後、穂先を真っ直ぐに切り揃…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)作り。 鬼毛(タイシ)箒は原料が「未選別の棕櫚繊維(タイシ)」なので、棕櫚繊維の品質によって箒自体の品質・見た目や掃き心地にバラつきや個体差が出やすい箒です。 鬼毛…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

引き続き 【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り。 バラバラに製作してきた玉(束)を完成品の箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 各玉の足巻き(あしまき)の端と黒竹柄の接合部になるべく隙間が出来ないように注意しながら…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

引き続き 【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り。 バラバラに製作してきた玉(束)を完成品の箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 持ち手は黒竹、柄付けの意匠はリネン色の蝋引き麻糸巻き 。 この後、仕上げ工程へ移ります…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒作りの下準備

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒作りの下準備

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒をこしらえるために、原料の「未選別の棕櫚繊維(=タイシ)」を整え毛先を揃える下準備。「鬼毛箒(タイシ箒)」は、「本鬼毛箒」とは主原料が異なり、1本1本の繊維までは選別せず、上質な棕櫚繊維…

棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

本鬼毛箒の原料となる本鬼毛・タチケの選別。 あらかじめ毛ごしらえを済ませて自然乾燥させた「選別していない棕櫚繊維(=タイシ)」束の中から、原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を1本ずつ抜き、種類ごとに分類しながら揃えて…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り。先日6玉(束)までこしらえていましたので、残りの2玉と長柄箒中央の黒竹柄を付けた1玉をこしらえます。 バラバラに製作してきた玉を完成品の箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 こ…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

引き続き【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)を完成品の棕櫚箒の形に「合わせる(組み合わせる)」工程。 まず、長柄箒中央の黒竹を付けた「柄付けの玉(えづけのたま)」の穴に孟宗竹を削って作ったコウガイ(太…