棕櫚箒-鬼毛箒(タイシ箒)の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒(タイシ箒)の玉作り

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒の玉(束)作り。画像1枚目は、玉の芯に少量入れる糯藁の芯を選び出すために、藁の葉やハカマを取り除いているところです。和歌山県橋本市で農家をしている親類が作った糯米の藁を譲ってもらっていま…

棕櫚箒-鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛9玉長柄箒を合わせる

引き続き【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り。バラバラに製作してきた棕櫚の玉(束)を完成品の鬼毛箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 今回は、合わせる工程の最後に長柄箒両端の太く厚みのある玉「耳玉(みみだま)」を作…

棕櫚箒-鬼毛箒の玉に足巻きをする

棕櫚箒-鬼毛箒の玉に足巻きをする

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り。各小玉(しょうだま)に、棕櫚箒の構造上重要な部分である「足巻き(あしまき)」をする工程。体を後ろに倒し体重をかけ、右手の白い引き紐で仮締めしながら銅線を硬く巻いていきます。

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒の玉作り

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒の玉(束)作り。鬼毛箒(タイシ箒)は、本鬼毛箒とは主原料が異なり、選別しないままの上質な棕櫚繊維を束ねて作る箒です。短い棕櫚繊維を取り除いた長い繊維を揃え、幾層か重ね束ね固く縛ります。 …

棕櫚箒-鬼毛箒作りとしゅろの歌5

棕櫚箒-鬼毛箒作りとしゅろの歌5

引き続き【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作りと黒竹の下準備。玉(束)を完成品の鬼毛箒の形に組み合わせる「箒を合わせる」工程。画像1枚目は、黒竹柄に棕櫚繊維を巻き、銅線と蝋引き麻糸で縛って固定しているところです。柄竹にあ…

棕櫚箒-鬼毛箒作りとしゅろの歌4

棕櫚箒-鬼毛箒作りとしゅろの歌4

引き続き【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作りと黒竹の下準備。 以下、10月23日から少しずつ掲載している地元に伝わる「しゅろの歌」の続きをご紹介します。今日は棕櫚葉の用途を紹介している部分です。 (「しゅろの歌」その4…

棕櫚箒-鬼毛箒の玉作りとしゅろの歌3

棕櫚箒-鬼毛箒の玉作りとしゅろの歌3

鬼毛(タイシ)9玉長柄箒のパーツとなる棕櫚の玉(束)を作ります。意匠は、蝋引き麻糸(黒褐色)と銅線の組み合わせ。画像は、自作のクシで短い棕櫚繊維を取り除き、整えているところです。 町内の国道370号(高野山へ続く高野西街…

棕櫚箒-鬼毛(タイシ)9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛(タイシ)9玉長柄箒を合わせる

引き続き、銅線とリネン色の蝋引き麻糸で縛る鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り。バラバラに製作してきたパーツ・玉(束)を組み合わせて、完成品の棕櫚箒の形にする「箒を合わせる」工程。 まずは、長柄箒中央の黒竹柄を付けた玉にコウガイ…

棕櫚箒-鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り

棕櫚箒-鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り

引き続き、銅線とリネン色の蝋引き麻糸で縛る鬼毛(タイシ)9玉長柄箒の玉(束)作り。昨日は熱で一日休んだので今日は少し調子が良くなりました。 玉を一揃い縛ったら、各玉の端に「足巻き(あしまき)」をします。足巻きはそれぞれの…

棕櫚箒-鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り

棕櫚箒-鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り

銅線とリネン色の蝋引き麻糸で縛る鬼毛(タイシ)9玉長柄箒作り。まずはパーツとなる棕櫚繊維の玉(束)を作ります。自作の櫛で短い棕櫚繊維を取り除き、リネン色の蝋引き麻糸と銅線で束ね、玄能で叩いて形を整えます。 先日から熱が平…