棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

引き続き、バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉(束)を【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 この時、各玉の足巻き(あしまき)の端と黒竹柄の接合部になるべく隙間が出来ないように注意しながら銅線で…

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと原料選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと原料選別

毛ごしらえした棕櫚繊維を外で乾かしながら、【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の製作。 引き続き、棕櫚繊維束の中から本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を手でを1本ずつ抜き出し、分類しながら揃える選別工程と、そうして抜…

棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

本鬼毛箒の原料となる本鬼毛・タチケの選別。あらかじめ毛ごしらえを済ませて自然乾燥させた「選別していない棕櫚繊維(=タイシ)」束を左手で持ち、その中から、原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を探し出し、1本ずつ抜き、種類…

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒の仕上げ工程

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒の仕上げ工程

【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の仕上げ工程。 穂先を水で濡らし「熊手(くまで)をかける」工程、短い毛や抜け毛などを取り除き、本鬼毛製の仕上げ用小箒(仕上ブラシ)で梳かし整える「箒を磨く」工程の後、穂先を真っ直ぐに切り揃え、自…

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

引き続き、バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉(束)を【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。最後に余分なコウガイ(孟宗竹で作った太い竹串)を切断、銅鋲・真鍮釘を打ち、この後、仕上げ工程に移ります…

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと原料選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと原料選別

棕櫚繊維束の中から本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を手でを1本ずつ抜き出し、分類しながら揃える選別工程と、それを使って【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)をこしらえる工程。

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

引き続き、バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉(束)を【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 この時、各玉の足巻き(あしまき)の端と黒竹柄の接合部になるべく隙間が出来ないように注意しながら銅線で…

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと原料選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと原料選別

【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の製作。あらかじめ棕櫚繊維の中から手で1本ずつ抜き集め揃えた「本鬼毛・タチケ」を束ねて、パーツとなる玉(束)をこしらえます。 画像1枚目、白い紐「引き紐」に体重を乗せて仮締めしながら銅線を硬く巻…

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒を合わせる

引き続き、バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉(束)を【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 玉を一対ずつコウガイ(孟宗竹から削り出した太い竹串)に叩き通します。この時、各玉の足巻き(あしまき)…

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作り

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作り

引き続き【棕櫚箒】本鬼毛7玉と9玉長柄箒のパーツとなる玉(束)をこしらえる工程。 各玉の端に銅線を巻く「足巻き(あしまき)」の長さは、箒を組み立てる際に何番目に通す玉なのかによって決まります。