棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと原料選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作りと原料選別

引き続き、棕櫚繊維束の中から本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を手でを1本ずつ抜き出し、分類しながら揃える選別工程と、それを幾層か重ねて【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)をこしらえる工程。意匠…

棕櫚箒-棕櫚二番毛の毛ごしらえと原料選別

棕櫚箒-棕櫚二番毛の毛ごしらえと原料選別

午前中は「二番毛」とよばれる棕櫚繊維の毛ごしらえ。この二番毛は、「未選別の棕櫚繊維(タイシ)」を毛ごしらえした際に毛捌き機(けさばきき)の後ろに飛ばされた短い繊維などです。二番毛は短いだけでなく繊維の向きがバラバラになっ…

棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

あらかじめ毛ごしらえ・自然乾燥を終えた「未選別の棕櫚繊維(タイシ)」束の中から本鬼毛箒の原料になる本鬼毛・タチケを、1本ずつ抜き出し数種に分類しながら揃える原料選別工程。 「本鬼毛」とは、1枚の棕櫚皮から多くて10本前後…

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒を合わせる

あらかじめ棕櫚繊維の中から1本ずつ抜き集めて揃えた棕櫚本鬼毛・タチケを束ねてパーツとなる玉(束)をこしらえ、それらを【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。意匠は銅線巻き、持ち手はヒノキ。

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒の製作

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒の製作

引き続き、バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉(束)を【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。意匠は麻糸巻(リネン色)、持ち手はヒノキ。 長柄箒中央の玉になる、ヒノキ柄を付けた「柄付けの玉(えづけ…

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒を合わせる

一束ずつこしらえてきた【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)を、箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。画像1枚目は、箒内部の余分な棕櫚を包丁で真っ直ぐにカットしているところ。 蝋引き麻糸・銅線・棕櫚皮でこしら…

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒の製作

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒の製作

昨日の続き。【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。各玉の足巻き(あしまき)の端と黒竹柄の接合部になるべく隙間が出来ないように注意しながら銅線で力いっぱい固定していきます。

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒の製作

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒の製作

棕櫚本鬼毛の玉(束)作りと、それらを【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。意匠は銅線と麻糸(リネン色)の組み合わせ、持ち手はヒノキ。 玉を順番にコウガイ(孟宗竹から削り出した太い竹串)に叩き通し…

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作り

棕櫚箒-本鬼毛箒の玉作り

あらかじめ1本ずつ抜き集めて揃えた棕櫚本鬼毛・タチケを幾層か重ね束ね、【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)をこしらえる工程。 各玉の端に「足巻き(あしまき)」をします。クジリ(千枚通し)を使って玉表層の本鬼毛…

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒の製作

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒の製作

【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒のパーツとなる玉(束)をこしらえる工程と、それを箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 本鬼毛箒の製作は久しぶりです。先月、右手人差し指を重量物で挟んでしまい、繊細かつ力を使う作業がしばらく出…

棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

棕櫚箒-本鬼毛箒の原料になる本鬼毛の選別

【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒をこしらえるために、原料となる本鬼毛・タチケの選別。あらかじめ毛ごしらえを済ませて自然乾燥させた「選別していない棕櫚繊維(=タイシ)」束の中から、原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を1本ずつ…