棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛7玉長柄箒を合わせる

バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉(束)を【棕櫚箒】本鬼毛7玉長柄箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 続けて仕上げ工程。毛羽は火で炙って焼き切ります。 「熊手(くまで)をかける」工程。右手に持っているのが「熊手」…

棕櫚箒-本鬼毛7玉手箒の仕上げ工程

棕櫚箒-本鬼毛7玉手箒の仕上げ工程

【棕櫚箒】本鬼毛7玉手箒(片手箒)の仕上げ工程。穂先を水で濡らし鉄製の「熊手(くまで)」をかけ、短い毛や抜け毛などを取り除き毛流れを整えたら、本鬼毛製の仕上げ用小箒(仕上ブラシ)で梳かし整える「箒を磨く」工程。その後、穂…

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

【棕櫚箒】本鬼毛7玉手箒(片手箒)の製作。意匠は銅線と蝋引き麻糸の組み合わせ。銅線と黒糸の組み合わせは私の師匠が好んで製作していた意匠です。引き続き、毛ごしらえした棕櫚繊維束の中から本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛…

棕櫚箒-本鬼毛7玉手箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛7玉手箒を合わせる

本鬼毛7玉手箒(片手箒)の玉(束)作りと「箒を合わせる」工程。バラバラに製作してきた棕櫚本鬼毛の玉を棕櫚片手箒の形に組み立てます。持ち手はヒノキ、意匠は銅線と蝋引き麻糸(リネン色)の組み合わせです。

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

棕櫚箒-本鬼毛の選別と玉作り

毛ごしらえをして乾かしておいた「選別していない棕櫚繊維(=タイシ)」束の中から、本鬼毛箒の原料となる本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を1本ずつ選別し分類する工程。本鬼毛がある程度の量たまったら、本鬼毛7玉手箒のパーツとなる玉…