棕櫚箒-棕櫚のはたき作り

棕櫚箒-棕櫚のはたき作り

黒竹柄を付けた棕櫚のはたき作り。棕櫚はたきの原料に使っている細く柔らかい棕櫚繊維は、本鬼毛箒を作る際に未選別の棕櫚繊維(タイシ)から本物の鬼毛(本鬼毛・タチケ)を抜き取った後に残る繊維です。そのうち長さと光沢のある棕櫚繊…

棕櫚箒-本鬼毛荒神箒5玉トサカ型の製作

棕櫚箒-本鬼毛荒神箒5玉トサカ型の製作

【棕櫚箒】本鬼毛荒神箒5玉トサカ型/黒竹柄(短)作り。 本鬼毛荒神箒は小さいながらも、大きな座敷箒の本鬼毛長柄箒と同じ原料(手で1本ずつ抜き集めた本鬼毛・タチケ)・同じ技法で製作する棕櫚箒です。 ご心配のお声をいただきま…

棕櫚箒-棒束子[キリワラ]の製作

棕櫚箒-棒束子[キリワラ]の製作

棕櫚棒束子(キリワラ=切藁)の製作。 原料は、標準からやや硬めの棕櫚繊維です。この棒束子[キリワラ]は、鉄鍋やフライパンなどの落ちにくい汚れをガシガシこすって落とすのに重宝します。当店の棒束子は、用途によって棕櫚繊維の硬…

棕櫚箒-寺社/護摩壇用小箒の製作

棕櫚箒-寺社/護摩壇用小箒の製作

特別に誂える「皮3玉達磨型箒・特上/護摩壇・祭壇用小箒」の製作。この小箒は寺社で使われることが多いので「寺社・護摩壇・祭壇用」としていますが、ご家庭用としてもご使用いただけます。穂先は通常品よりも皮の層が厚くボリュームが…

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒の仕上げと納品

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒の仕上げと納品

【棕櫚箒】本鬼毛11玉長柄箒を仕上げ、納品。いまお借りしている工房兼住居からご縁が出来た地元の方からのご依頼の品です。(お引き渡しの際、箒の説明書きを記載したタグをうっかり付け忘れてしまいましたので、今度お会いする際には…

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒を合わせる

棕櫚箒-本鬼毛長柄箒を合わせる

【棕櫚箒】本鬼毛11玉長柄箒の製作。あらかじめ毛ごしらえして自然乾燥させておいた棕櫚繊維(タイシ)束の中から1本ずつ本鬼毛・タチケを抜き出し選別し、棕櫚箒のパーツとなる玉(束)作り。数日かけて製作した棕櫚本鬼毛の玉(束)…

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

棕櫚箒-鬼毛箒=タイシ箒を合わせる

【棕櫚箒】鬼毛(タイシ)7玉長柄箒作り。  バラバラに製作してきた玉(束)を完成品の箒の形に組み立てる「箒を合わせる」工程。 続けて仕上げ工程。水で濡らし鉄製の「熊手(くまで)」をかけ、本鬼毛製の仕上げ用小箒で「箒を磨く…

棕櫚箒-銀杏と鬼毛の毛ごしらえ

棕櫚箒-銀杏と鬼毛の毛ごしらえ

本格的な冬を前に、天気の良い朝は本鬼毛箒と鬼毛(タイシ)箒用の原料の棕櫚繊維(タイシ)の「毛ごしらえ」。短時間で乾かしたいので、風通しの良い場所で天日干ししています。濡らして毛ごしらえした棕櫚繊維を並べ終えたら、工房に戻…

棕櫚箒-棕櫚皮7玉長柄箒作り

棕櫚箒-棕櫚皮7玉長柄箒作り

【棕櫚箒】棕櫚皮7玉長柄箒・特選の製作。意匠は銅線巻に柄付けは蝋引き麻糸巻き、持ち手は黒竹。 仕上げ工程。箒を濡らし、穂先になる部分を繊維状にほぐす=捌く(さばく)「熊手をかける」工程。上画像は熊手をかけた後、棕櫚鬼毛製…