棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒の玉作り

棕櫚箒-本鬼毛9玉長柄箒の玉作り

【棕櫚箒】本鬼毛9玉長柄箒の玉(束)作り。 画像は、本鬼毛9玉長柄箒を構成する9つの玉のうち「小玉(しょうだま)」とよばれている、3玉一対の計6個の玉に「足巻き(あしまき)」をしているところです。 9玉長柄箒の玉は、左右…

棕櫚箒-皮荒神箒3玉/黒竹柄を作る

棕櫚箒-皮荒神箒3玉/黒竹柄を作る

短めの黒竹柄を付けた3玉の棕櫚皮荒神箒を作ります。卓上用等の手元の掃除に使いやすいサイズの棕櫚小箒です。 棕櫚皮製の荒神箒・小箒の原料は、「スエマクリ(末マクリ)」とよばれるサイズが小さく肉厚で美しい特別な棕櫚皮です。同…

棕櫚箒-皮荒神箒3玉/黒竹柄付を作る

棕櫚箒-皮荒神箒3玉/黒竹柄付を作る

短い黒竹柄を付けた皮荒神箒3玉を作ります。荒神箒・小箒の製法は、大きなサイズの長柄箒や片手箒と基本的には同じですが、原料の棕櫚皮が異なります。皮荒神箒の原料は当地域で「マクリ(スエマクリ)」とよばれる、幅が細く肉厚で美し…

皮5玉手箒の穂先を捌く

皮5玉手箒の穂先を捌く

完成品の棕櫚皮手箒の形に組み合わせたら、穂先・床に当たる部分をほぐし自然乾燥させる工程に移ります。棕櫚皮箒の穂先をほぐし繊維状にすることを「捌く(さばく)」といいます。 画像1枚目の左が穂先をほぐす前の皮手箒、右が穂先を…

鬼毛箒(タイシ箒)の玉作り

鬼毛箒(タイシ箒)の玉作り

引き続き鬼毛箒(タイシ箒)11玉長柄箒作り。パーツとなる玉(束)を作ります。これらは「小玉(しょうだま)」という玉です。 各小玉に足巻きをしていきます。11玉長柄箒なので小玉を8つ作ります。 棕櫚箒作りは師匠から受け継い…

本鬼毛箒の玉に足巻きをする

本鬼毛箒の玉に足巻きをする

本鬼毛9玉長柄箒の玉(束)作り。各玉に「足巻き」をします。足巻きの銅線を巻き終えたら、作業台に固定してある鉄板の上に乗せ、玄翁で叩いて平らに潰し形を整えます。 画像上部に写っている太針は「クジリ(千枚通し)」。クジリは、…

棕櫚皮荒神箒を作る

棕櫚皮荒神箒を作る

仕上げ乾燥中の棕櫚皮荒神箒。棕櫚皮箒の穂先は、水で濡らしてから繊維状にさばく(ほぐす)ので、このように立てかけたり吊るしたりして仕上げ乾燥させます。 黒竹柄を付けた皮荒神箒3玉作り。画像右にたくさん写っているのが、小箒・…

ツッコミ-銅線を押し込む道具

ツッコミ-銅線を押し込む道具

引き続き鬼毛箒(タイシ箒)7玉長柄箒の玉作り。縛り終えた銅線は鋏で切ります。そのままではねじった銅線が数mm飛び出していて危ないですし、よりほどけにくく丈夫で美しい処理にするためにも、飛び出している銅線数mmは棕櫚束の中…

皮片手箒の頭(アタマ)

皮片手箒の頭(アタマ)

棕櫚皮の手箒=片手箒の玉(束)作り。5玉のうち一番大きい玉(片手で掃く時に、体から一番遠い大きい玉)を「頭(アタマ)」、逆側の一番手前の玉は「押さえ(オサエ)」とよばれています。どちらも片手箒の構造上、特に重要な玉なので…

引き続き皮7玉長柄箒作り

引き続き皮7玉長柄箒作り

皮7玉長柄箒の玉(束)を作るために、カットして重ねた棕櫚皮を丸めて整えているところ。先日、棕櫚皮の最初に切り落とす硬い部分は「カッパ」とよばれている、とご紹介しましたが、カッパの反対側の端(矢印のあたり)の名称は「スエケ…

棕櫚皮を切る

棕櫚皮を切る

棕櫚皮5玉手箒のパーツになる玉(束)作り。 皮箒の玉作りは、まず、棕櫚箒には使わない、棕櫚皮の余分な部分を素早く切り落としていく工程から始まります。1枚の棕櫚皮の中でも左手で持っているあたりは、棕櫚木の幹にぐるりとくっつ…